第22号 平成20年3月13日


☆★☆★==========================☆★☆★
                第22号 平成20年3月13日

             国立大 F&Mマガジン
          (F=Finance、M=Management)

        【(独)国立大学財務・経営センター メールマガジン】
☆★☆★==========================☆★☆★

 国立大 F&Mマガジン第22号をお届けします。

 当センターでは、情報提供活動の一環として、各種事業イベントの案内、
研究レポート、文部科学省からの情報、各大学における経営実情レポート、
経営相談Q&A、財産管理・施設整備に関する情報などをタイムリーに提供
することを目的にメールマガジンを発刊しています。

 皆様のおかげで、配信希望も着実に増えています。
 まだまだ多くの方々にご覧いただきたいと願っております。どうか、学内
等の教職員の皆様に広くご紹介いただきますようよろしくお願いします。

  ※ このメールマガジンは等幅フォントでご覧下さい。
      (なお、リンクが無効になる場合があります。)

 ※ 現在の配信希望  2,129件 (2008.03.13現在)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
【目 次】
 ・ 特別寄稿「Who moved my cheese?」
                    埼玉大学長  田 隅 三 生
 ・ 寄稿「平成19年度を振り返って」
                    東京工業大学 渡 部 秀 明
             (第1回国立大学法人若手職員勉強会企画委員)
 ・ 財産管理・施設整備に関する情報
 ・ 経営相談室情報
 ・ センター業務情報
 ・ 国立大学法人情報
 ・ イベント情報
 ・ お知らせ
 ・ 編集後記
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 特別寄稿「Who moved my cheese?」

                    埼玉大学長  田 隅 三 生

 ⇒▽ 全文はこちらから
    http://www.zam.go.jp/pdf/00000123.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 寄稿「平成19年度を振り返って」
                    東京工業大学 渡 部 秀 明
             (第1回国立大学法人若手職員勉強会企画委員)
 1.はじめに
 2.平成19年度以前の取組
 3.コクダイパン会議実行委員の経験
 4.国立大学財務・経営センターの企画委員の経験
 5.これからの展望

 ⇒▽ 全文はこちらから
    http://www.zam.go.jp/pdf/00000124.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 財産管理・施設整備に関する情報

◇ 第3回センター債券の発行概要 ◇
 施設費貸付事業の財源となる第3回センター債券の発行が、3月7日に無
事終わりましたので、その概要について以下のとおりご報告させていただき
ます。「国立大学附属病院」の政策的重要性が市場にも浸透しており、堅調
な販売を行うことが出来ました。
 名  称:第3回独立行政法人国立大学財務・経営センター債券
 総  額:金50億円
 期  限:5年
 利  率:1.20%
 発行価額:額面100円につき金99.99円
 募集期間:平成20年2月27日(水)
 発 行 日:平成20年3月7日(金)
 格  付:AA+
 受託会社:株式会社三菱東京UFJ銀行
 主幹事証券:三菱UFJ証券株式会社

▼ 第3回センター債券の詳しい内容はこちらから
   http://www.zam.go.jp/o00/pdf/o0500022.pdf

◇施設費貸付事業及び施設費交付事業の執行上、疑問点等ある場合は、お気
軽に下記宛先までお問い合わせ下さい。個別又は本メールマガジンにてご回
答させていただきます。
◇当センターでは、弁護士、司法書士等の専門家に委嘱しておりますので、
各国立大学法人等において財産管理・財産処分に関し課題等あればお気軽に
下記宛先までお問い合わせ下さい。個別又は本メールマガジンにてご回答さ
せていただきます。

            ◇◇本件に関するお問い合わせ先◇◇
               財経センター 施設助成課 林  明 夫
               Tel 03-4212-6101 Fax 03-4212-6600
               E-mail finance@zam.go.jp
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 経営相談室情報

 _/_/経営相談室 事業案内_/_/

【財務経営】
 ◇国立大学法人若手職員勉強会企画委員会◇
   2月7日(木)に第6回国立大学法人若手職員勉強会企画委員会を開
  催し、昨年11月19日、20日に実施した勉強会の事後アンケートの
  結果の確認及び今後の勉強会のあり方等について検討を行いました。

 ◇大学訪問調査を実施◇
  財務経営支援研究会においては、2月から3月下旬にかけて、複数の大
 学に直接訪問し、財務・経営に関する取組事例等について調査を実施する
 こととしております。調査対象大学につきましては、経営相談室より個別
 にご連絡させていただきます。ご協力方よろしくお願いいたします。


【病院経営】
 ◆国立大学附属病院若手職員勉強会企画委員会◆
   1月31日(木)に第5回国立大学附属病院若手職員勉強会企画委員
  会を開催し、昨年11月27日、28日に実施した勉強会の事後アンケ
  ートの結果の確認及び今後の勉強会のあり方等について検討を行いまし
  た。

 ◆契約手法改善検討WG◆
   2月5日(火)に第3回病院経営支援研究会契約手法改善検討WGを
  開催し、今後の活動内容の確認及びワークショップのあり方等について
  検討を行いました。

 ◆国立大学病院業務改善取組事例(大学訪問調査)について◆
  各附属病院から推薦のあった改善取組事例について、取組事例抽出作業
 小WGにおいて事例の編集・抽出作業を行った事例について、大学訪問調
 査を開始いたしました。


 _/_/経営相談室 ホームページ_/_/
    http://www.zam.go.jp/s00/s0000000.htm
    経営相談事業の概要、活動状況等などをアップしています。
    また以下のコンテンツがご利用いただけます。

 ⇒⇒ ニュースレター第6号
    http://www.zam.go.jp/s00/s0000024.pdf

 ◆ 国立大学法人取組事例Vol.1(大学訪問調査概要)
     http://www.zam.go.jp/s00/s4000002.pdf

 ◆ 国立大学法人財務・経営に関する取組事例
   平成17事業年度(財務経営支援研究会抽出事例)
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000012.pdf

 ◆ 経営改善方策に係る事例及び事例募集
   経営相談室では、財務・経営の改善に関し、広く情報を提供すべく、
  経営改善、取り組みの事例を収集しております。ご紹介いただける事例
  がありましたら、ご協力方よろしくお願いいたします。
     http://www.zam.go.jp/m00/m0000100.htm
   現在、セミナー等で発表された12件の事例を紹介しています。

 ◆ 経営相談フォーム
   また、経営相談室においては、経営相談に係る質問も受け付けており
  ます。是非、質問をお寄せください。
     http://www.zam.go.jp/l00/l0000000.htm

       ◇◇経営相談事業に関する問い合わせ先◇◇
         国立大学財務・経営センター経営相談室
          学術総合センター10F
           経営相談室長 真 子  博 (03-4212-6301)
              副室長 林 明  夫 (03-4212-6101)
             室長補佐 久 保 忠 明(03-4212-6103)
               係長 高 山 勇 二(03-4212-6311)
               主任 児 玉 貴 子(03-4212-6312)
               係員 岡 田 志 摩(03-4212-6312)
              E-mail management@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 財経センター業務情報(会議室予約システムのご案内)

◆ 財経センターで管理する会議室等は会議予約システムを利用したWeb
 上からの予約のみとなりました。

  当センターHPのトップページ「共用会議室予約システム(予約状況)」
 ボタンをクリックして予約画面にお進みください。
   HPトップページ  http://www.zam.go.jp/


  予約システムの利用に当たっては、あらかじめ利用者登録が必要となり
 ます。
  内容を確認後、利用者番号及びパスワードを発行します。

 ☆☆ 会議室 ☆☆
  ◆ 学術総合センター
    一橋記念講堂、特別会議室(101・102・103)
    会議室(201・202・203)、中会議場(1・2・3・4)
    貴賓室、準備室

  ◆ キャンパス・イノベーションセンター
   (東京地区)国際会議室、多目的室(1・2・3・4)
   (大阪地区)多目的スペース(1・2・3・4)

           ◇◇受付及び問い合わせ先◇◇
             国立大学財務・経営センター
              総務部経営支援課(会議室利用案内)
              TEL 03-4212-6321 FAX 03-4212-6300

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 国立大学法人情報

◆ 国立大学法人東京農工大学情報 ◆

 ◇生物システム応用科学府でベストティーチャー賞を授与

   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000119.pdf

 ◇工学部教育褒賞制度ベストティーチャー賞授与式を挙行

   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000120.pdf

 ◇東京農工大学国際センター発足記念シンポジウムを開催
   〜大学に求められる国際化とは〜

   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000122.pdf

 ◇第2回日本型テニュアトラックに関するシンポジウム・総合評価
  委員会を開催

   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000121.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■ □ イベント情報 ■ 「平成19年度版国立大学の財務」刊行記念セミナー   日 時 平成20年3月27日(木) 13:30〜16:55   場 所 学術総合センター 一橋記念講堂   内 容 http://www.zam.go.jp/pdf/00000118.pdf ■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■ □ お知らせ  各大学の広報担当者のみなさん、ぜひ、この「国立大F&Mマガジン」を 大学広報の一手段として活用してみませんか。  ご連絡お待ちしています。    ⇒⇒国立大F&M編集室:mail-maz@zam.go.jp   ※ 今号では、東京農工大学から投稿いただきました。  ◇ キャンパス・イノベーションセンター専用ホームページのご案内    入居する大学の活動内容、イベントの最新情報などを発信しています。      CIC東京   http://cic-hp.zam.go.jp/      CIC大阪   http://cic-hp.zam.go.jp/osaka/  ◇ 国立大F&Mマガジンへの投稿について    編集室では、各大学の事例紹介や読者のみなさまからの投稿を受け付   けています。    投稿は  E-mail h-manago@zam.go.jp でお願いします。  ※ 具体の手続き等については、真子(まなご)03-4212-6301までお問い   合せください。  ◇ 国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除       http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm  ◇ 国立大F&Mマガジンのバックナンバー       http://www.zam.go.jp/q00/q0000001.htm  ◇ 国立大F&Mマガジン特別寄稿・寄稿・コラム       http://www.zam.go.jp/q00/q0000002.htm ※ メルマガ配信に当たっては、専用システムの自動受付により配信してお  ります。   空メールで登録いただいている方は自動的に新システムに移行(登録)  しています。なお、空メール登録の方で、登録解除を希望される場合は、  お手数ですが mail-maz@zam.go.jp までメールをお願いします。                              (編集室) ■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■ □ 編集後記(M)  今号では、埼玉大学の田隅学長に特別に寄稿いただきました。  Who moved my cheese ?(邦訳「チーズはどこに消えた?」)の寓話にたと えて、国立大学の置かれている状況を考え、大学の再構築に向けて、教職員 一人ひとりが現実を正しく認識し、状況を切り拓くための努力をすべきであ ることについて執筆いただきました。  お忙しい中、ありがとうございました。m(_ _)m  また、当センターの経営相談事業の一環として実施しました「第1回国立 大学法人若手職員勉強会」の企画委員であった東京工業大学の渡部委員に平 成19年度を振り返って、コクダイパン会議での経験、当センター若手職員 勉強会での経験、これからの展望について執筆いただきました。  どうもありがとうございました。m(_ _)m  一昨年5月から発刊を始めましたメルマガ「国立大 F&Mマガジン」も 今号で第22号となり、延べ26本を発刊することができました。  こうして順調に発刊できるのも、ひとえに皆様のおかげだと感謝しており ます。ありがとうございます。m(_ _)m  今年度はこれが最終号となります。  国立大F&Mマガジン編集室スタッフ一同、来年度もさらにパワーアップ したメルマガをお届けできるよう頑張っていきたいと考えております。 ■■■■==========================■■■■ □ 編集・発行   編集長:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課長   発 行:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課編集室          〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-2                学術総合センター10F             TEL 03-4212-6311・6312     ご意見・ご要望は、経営支援課長に直接どうぞ       E-mail h-manago@zam.go.jp     国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除         http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm              ■■■■=========================■■■■