第23号 平成20年4月14日


☆★☆★==========================☆★☆★
               第23号 平成20年4月14日

             国立大 F&Mマガジン
          (F=Finance、M=Management)

        【(独)国立大学財務・経営センター メールマガジン】
☆★☆★==========================☆★☆★

 国立大 F&Mマガジン第23号をお届けします。

 当センターでは、情報提供活動の一環として、各種事業イベントの案内、
研究レポート、文部科学省からの情報、各大学における経営実情レポート、
経営相談Q&A、財産管理・施設整備に関する情報などをタイムリーに提供
することを目的にメールマガジンを発刊しています。

 皆様のおかげで、配信希望も着実に増えています。
 まだまだ多くの方々にご覧いただきたいと願っております。どうか、学内
等の教職員の皆様に広くご紹介いただきますようよろしくお願いします。

  ※ このメールマガジンは等幅フォントでご覧下さい。
      (なお、リンクが無効になる場合があります。)

 ※ 現在の配信希望  2,164件 (2008.04.14現在)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
【目 次】
 ・ 特別寄稿「新たな局面を迎えた国立の教員養成大学・学部」
                  前大阪教育大学長 稲 垣  卓
 ・ 寄稿「向上心のない職場には魅力を感じない」
                  山形大学     樋 口 浩 朗
             (第1回国立大学法人若手職員勉強会企画委員)
 ・ 財産管理・施設整備に関する情報
 ・ 経営相談室情報
 ・ センター業務情報
 ・ 国立大学法人情報
 ・ イベント情報
 ・ お知らせ
 ・ 編集後記
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 特別寄稿「新たな局面を迎えた国立の教員養成大学・学部」

                   前大阪教育大学長 稲 垣  卓

 ⇒▽ 全文はこちらから
    http://www.zam.go.jp/pdf/00000127.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 寄稿「向上心のない職場には魅力を感じない」

                   国立大学法人山形大学企画部
                          経営企画ユニットチームリーダー(企画担当)
                        樋 口 浩 朗
                   higu@jm.kj.yamagata-u.ac.jp
 ⇒▽ 全文はこちらから
    http://www.zam.go.jp/pdf/00000128.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 財産管理・施設整備に関する情報

◇ 新年度を迎えて ◇
 平成20年4月1日より、施設助成課が新体制になりました。

 (詳しくはこちらから▼)
   http://www.zam.go.jp/pdf/00000125.pdf

◇ 国立大学法人等の財産管理に関する研究協議会の開催のお知らせ ◇
 国立大学法人等の財産管理に関する研究協議会について、以下のとおり開
催しますのでお知らせいたします。
 ・日 時:平成20年5月14日(水) 14:00〜17:30
             15日(木)  9:30〜12:30
 ・場 所:学術総合センター
 ・議 題:
  14日(水)
  (1)英国大学における施設整備について
     芝田 政之(国立大学財務・経営センター理事)
     石ア 宏明(国立大学財務・経営センター准教授)
  (2)米国大学における施設整備について
     丸山 文裕(国立大学財務・経営センター教授)
     水田 健輔(国立大学財務・経営センター准教授)
  15日(木)
  (3)パネルディスカッション(国立大学における施設整備について)
     小篠 隆生(北海道大学大学院工学研究科准教授)
     上野  武(千葉大学工学部デザイン工学科教授)
     島  一則(広島大学高等教育研究開発センター准教授)
     山口 博行(名古屋大学事務局施設管理部長)
     山ア 雅男(文部科学省大臣官房文教施設企画部計画課
                           整備計画室長)

   ※議題等は現時点での予定であり、今後変更する場合があります。


◇ 担保(連載第1回) ◇
 「担保」という言葉は、日常でもよく使われますが、非常にわかりにくい
概念の1つと言えるでしょう。そこで、このページでは、これから担保、そ
の中でもとりわけ重要な「抵当権」について解説していきます。

(詳しくはこちらから▼)
   http://www.zam.go.jp/pdf/00000126.pdf

   この記事に関するお問い合わせ先 ;施設助成課 板野 晃治
               Tel 03-4212-6120 Fax 03-4212-6600
               E-mail finance@zam.go.jp

◇施設費貸付事業及び施設費交付事業の執行上、疑問点等ある場合は、お気
軽に下記宛先までお問い合わせ下さい。個別又は本メールマガジンにてご回
答させていただきます。
◇当センターでは、弁護士、司法書士等の専門家に委嘱しておりますので、
各国立大学法人等において財産管理・財産処分に関し課題等あればお気軽に
下記宛先までお問い合わせ下さい。個別又は本メールマガジンにてご回答さ
せていただきます。

            ◇◇本件に関するお問い合わせ先◇◇
               財経センター 施設助成課 
               Tel 03-4212-6101 Fax 03-4212-6600
               E-mail finance@zam.go.jp
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 経営相談室情報

 _/_/経営相談室 ホームページ_/_/
    http://www.zam.go.jp/s00/s0000000.htm
    経営相談事業の概要、活動状況等などをアップしています。
    また以下のコンテンツがご利用いただけます。

 ◆ 国立大学法人財務・経営に関する取組事例
  (New)
   平成18事業年度(財務経営支援研究会抽出事例)
     http://www.zam.go.jp/s00/s1200018.pdf

   平成17事業年度(財務経営支援研究会抽出事例)
     http://www.zam.go.jp/s00/s1200017.pdf

 ◆ 国立大学法人取組事例Vol.1(大学訪問調査概要)
     http://www.zam.go.jp/s00/s4000002.pdf

 ◆ 経営改善方策に係る事例及び事例募集
   経営相談室では、財務・経営の改善に関し、広く情報を提供すべく、
  経営改善、取り組みの事例を収集しております。ご紹介いただける事例
  がありましたら、ご協力方よろしくお願いいたします。
     http://www.zam.go.jp/m00/m0000100.htm
   現在、セミナー等で発表された12件の事例を紹介しています。

 ◆ 経営相談フォーム
   また、経営相談室においては、経営相談に係る質問も受け付けており
  ます。是非、質問をお寄せください。
     http://www.zam.go.jp/l00/l0000000.htm

       ◇◇経営相談事業に関する問い合わせ先◇◇
         国立大学財務・経営センター経営相談室
          学術総合センター10F
           経営相談室長 真 子  博 (03-4212-6301)
             室長補佐 久 保 忠 明(03-4212-6103)
               係長 高 山 勇 二(03-4212-6311)
               主任 児 玉 貴 子(03-4212-6312)
               係員 岡 田 志 摩(03-4212-6312)
              E-mail management@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 財経センター業務情報(会議室予約システムのご案内)

◆ 財経センターで管理する会議室等は会議予約システムを利用したWeb
 上からの予約のみとなりました。

  当センターHPのトップページ「共用会議室予約システム(予約状況)」
 ボタンをクリックして予約画面にお進みください。
   HPトップページ  http://www.zam.go.jp/

  予約システムの利用に当たっては、あらかじめ利用者登録が必要となり
 ます。
  内容を確認後、利用者番号及びパスワードを発行します。

 ☆☆ 会議室 ☆☆
  ◆ 学術総合センター
    一橋記念講堂、特別会議室(101・102・103)
    会議室(201・202・203)、中会議場(1・2・3・4)
    貴賓室、準備室

  ◆ キャンパス・イノベーションセンター
   (東京地区)国際会議室、多目的室(1・2・3・4)
   (大阪地区)多目的スペース(1・2・3・4)

           ◇◇受付及び問い合わせ先◇◇
             国立大学財務・経営センター
              総務部経営支援課(会議室利用案内)
              TEL 03-4212-6321 FAX 03-4212-6300

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 国立大学法人情報

◆ 国立大学法人東京農工大学情報 ◆

 ◇第2回「理系女性のためのエンパワーメントプログラム」シンポジウム
  を開催

   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000129.pdf

 ◇シンポジウム「日本の大学によるアフガニスタン高等教育復興支援」
  を開催 〜開発途上国における高等教育支援の今後に向けて〜

   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000130.pdf

 ◇「キャリアパス支援メンターセミナー」を開催

   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000131.pdf

 ◇「母校に戻ろうキャンペーンin農工大」説明会を開催

   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000132.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ イベント情報
■第41回高等教育財政・財務研究会

 日  時  平成20年5月10日(土)14:00〜16:30
 場  所  学術総合センター1階 特別会議室101〜103
 内  容  T.講  演
         『国立大学の入試と学生募集(仮)』  
          講 師  滝 紀子 氏 (河合塾 事業部)
       U.コメント 松田 正久 氏(愛知教育大学 学長)

         ◇◇問い合わせ先◇◇
           財経センター経営支援課 企画係 
           Tel 03-4212-6310 Fax 03-4212-6600
           E-mail jigyou1@zam.go.jp

■ RIETI政策シンポジウム
  「経済社会の将来展望を踏まえた大学のあり方」

  日 時 平成20年5月30日(金) 10:00〜18:05(予定)
  場 所 国連大学 ウ・タントホール
  参加費 無料(下記開催案内ページの申込フォームボタンより事前に
         お申込ください。)
  内 容 http://www.rieti.go.jp/jp/events/08053001/info.html

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ お知らせ

 各大学の広報担当者のみなさん、ぜひ、この「国立大F&Mマガジン」を
大学広報の一手段として活用してみませんか。
 ご連絡お待ちしています。
   ⇒⇒国立大F&M編集室:mail-maz@zam.go.jp

  ※ 今号では、東京農工大学から投稿いただきました。

 ◇ キャンパス・イノベーションセンター専用ホームページのご案内
   入居する大学の活動内容、イベントの最新情報などを発信しています。
     CIC東京   http://cic-hp.zam.go.jp/
     CIC大阪   http://cic-hp.zam.go.jp/osaka/

 ◇ 国立大F&Mマガジンへの投稿について
   編集室では、各大学の事例紹介や読者のみなさまからの投稿を受け付
  けています。
   投稿は  E-mail h-manago@zam.go.jp までお願いします。
 ※ 具体の手続き等については、真子(まなご)03-4212-6301までお問い
  合せください。

 ◇ 国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除
      http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm
 ◇ 国立大F&Mマガジンのバックナンバー
      http://www.zam.go.jp/q00/q0000001.htm
 ◇ 国立大F&Mマガジン特別寄稿・寄稿・コラム
      http://www.zam.go.jp/q00/q0000002.htm

※ メルマガ配信に当たっては、専用システムの自動受付により配信してお
 ります。
  空メールで登録いただいている方は自動的に新システムに移行(登録)
 しています。なお、空メール登録の方で、登録解除を希望される場合は、
 お手数ですが mail-maz@zam.go.jp までメールをお願いします。

                             (編集室)
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 編集後記(M)

 今号では、前大阪教育大学長の稲垣先生に特別に寄稿いただきました。
 稲垣先生は、法人化前・後の平成14年6月から平成20年3月までの5
年10ヶ月にわたり、学長として数多くの改革と実績を残されました。今回
の特別寄稿においては、新たな局面を迎えた国立の教員養成大学・学部の意
義、現状等について執筆いただきました。また大学運営の厳しい状況につい
て、教育組織の維持、学生達への教育責任を果たすために、現状を「維持し
つ、変えていく。」という両建ての目線が必要であること、国立大学におけ
る教員養成の位置づけ、客観的データに基づく現状分析等について言及いた
だきました。
 お忙しい中、ありがとうございました。m(_ _)m

 また、当センターの経営相談事業の一環として実施しました「第1回国立
大学法人若手職員勉強会」の企画委員であった山形大学の樋口委員に「向上
心のない職場には魅力を感じない」と題して、執筆いただきました。「事務
職員」では満足できない「大学職員」でありたい。この大学職員が国公私の
設置形態を超えたソーシャルキャピタルを形成することが、日本の大学があ
るべき姿になる一つの手段となるのではとあります。
 樋口さんが指摘されるように大学職員の活躍の場は急速に拡大し、その職
務内容も法人化前と比しても大きく様変わりしてきています。まずは「行動
してみる」、それが大事だと思います。
 どうもありがとうございました。m(_ _)m 


 この4月で多くの大学で組織再編や、大幅な人事異動、新たな大学職員の
採用が行われたと思います。大学の業務サイクルの実行スピードは、年々、
早くなっているように思います。とは言え、業務を実行するためには、それ
を確実にこなすためのスキルや処理能力が必要です。新人の皆さん、あせる
ことなくしっかりと基礎体力をつけて次へとステップしてください。


 「国立F&Mマガジン」も新年度、第1号を無事に発信いたしました。
 編集室もこれまで以上の内容充実に向け、一同頑張っていきたいと張り切
っております。
 読者のみなさまからも、ぜひ大学のご紹介や、投稿等をお待ちしておりま
す。どうぞ、よろしくお願いします。

■■■■==========================■■■■

□ 編集・発行
  編集長:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課長
  発 行:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課編集室
         〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
               学術総合センター10F
            TEL 03-4212-6311・6312
    ご意見・ご要望は、経営支援課長に直接どうぞ
      E-mail h-manago@zam.go.jp
    国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除
        http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm    
        
■■■■=========================■■■■