第30号 平成20年11月14日


☆★☆★==========================☆★☆★
               第30号 平成20年11月14日

             国立大 F&Mマガジン
          (F=Finance、M=Management)

        【(独)国立大学財務・経営センター メールマガジン】
☆★☆★==========================☆★☆★

 国立大 F&Mマガジン第30号をお届けします。

 当センターでは、情報提供活動の一環として、各種事業イベントの案内、
研究レポート、文部科学省からの情報、各大学における経営実情レポート、
経営相談Q&A、財産管理・施設整備に関する情報などをタイムリーに提供
することを目的にメールマガジンを発刊しています。

 多くの方々にご覧いただけるよう、記事にも工夫を重ねてまいります。
 学内等の教職員の皆様に広くご紹介いただきますようよろしくお願いしま
す。

  ※ このメールマガジンは等幅フォントでご覧ください。
      (なお、リンクが無効になる場合があります。)

 ※ 現在の配信希望  2,414件 (2008.11.14現在)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
【目 次】
 ・ 特別寄稿『個性輝く大学から機能別分化する大学へ』
                     東京海洋大学長 高井 陸雄
 ・ 財産管理・施設整備に関する情報
 ・ 経営相談室情報
 ・ 業務情報(会議室予約のご案内)
 ・ 研究部より
 ・ キャンパス・イノベーションセンター情報
 ・ 国立大学法人等情報
 ・ 編集担当から
 ・ 編集後記

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 特別寄稿『個性輝く大学から機能別分化する大学へ』
                     東京海洋大学長 高井 陸雄

  1 はじめに
  2 高等教育激動期の概観
  3 個性と機能
  4 東京における地域貢献
  5 おしまいに

 ⇒▽ 詳しくはこちらから
     http://www.zam.go.jp/pdf/00000219.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 財産管理・施設整備に関する情報

◇ 施設費貸付事業及び施設費交付事業の執行状況等について ◇
 施設費貸付事業及び施設費交付事業の平成20年度上期における執行状況が
まとまりましたのでお知らせします。執行に当たっては、以下の点について
十分ご留意ください。

(施設費貸付事業について)
 施設費貸付事業については、9月末現在で約76.9億円(約11%)を
貸付しております。
 また、契約率(=既契約済額(貸付額のみ)/全貸付額)も、約70%に
達しています。
 財務当局と借入協議の都合上、1月中に全ての契約を終えていただき、執
行残額を確定していただく必要があるため、早期の契約執行をお願いします。
 また、昨年度、国立大学法人へ対して通知したところですが、既に発注し
ている事業については、施工管理に万全を期していただき、確実に出来高を
確保していただきますよう、よろしくお願いします。

(詳しくはこちらから▼)
   http://www.zam.go.jp/p00/pdf/200/20071012.pdf


(施設費交付事業について)
 施設費交付事業については、9月末現在で約83億円(約93%)を交付
させていただきました。契約事務や建築確認などの各種申請、あるいは施工
による遅れによって工事延長をすることがないよう、早期の執行をお願いし
ます。


◇ 担保(連載第8回) ◇
 「担保」について、今回は8回目の連載です。
 いよいよ根抵当について説明します。
 できるだけわかりやすく解説しておりますので、ぜひご一読いただき、
1事業年度中、当センターから何度も借入を行っている大学におかれまして
は、業務の効率化の観点から根抵当を検討されては如何でしょうか?

(詳しくはこちらから▼)
   http://www.zam.go.jp/pdf/00000218.pdf

   この記事に関するお問い合わせ先 ;施設助成課 板野 晃治
                Tel 03-4212-6120 Fax 03-4212-6600
                E-mail finance@zam.go.jp


 施設費貸付事業及び施設費交付事業の執行上、疑問点等ある場合は、お気
軽に下記あて先までお問い合わせください。個別又は本メールマガジンにて
回答させていただきます。

◇各国立大学法人等において財産管理・財産処分に関し課題等あればお気軽
に下記あて先までお問い合わせください。当センターで委嘱している弁護士、
司法書士等の専門家と協力して個別又は本メールマガジンにて回答させてい
ただきます。

◇◇「財産管理・施設整備に関する情報」の掲載内容に関する
                         お問い合わせ先◇◇
                施設助成課
                Tel 03-4212-6101 Fax 03-4212-6600
                E-mail finance@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 経営相談室情報

 _/_/経営相談室 事業案内_/_/

【財務経営】

 ◆ 国立大学法人財務・経営に関する取組事例について
   平成19事業年度以降の各法人の取組事例について調査を行い、現在、
  取りまとめ作業を行っております。特色ある取組事例については、訪問
  等を通じて情報提供をしていく予定です。ご協力をお願いいた
  します。  

 ◆ 国立大学法人係長クラス勉強会の実施に向けた検討をスタート
  =平成21年2月24日(火)、25日(水)学術総合センターにて開催=

  今年度新たに係長クラスの勉強会を開催することとし、10月22日、
 第1回の企画委員会を立ち上げ、開催日や勉強会のテーマ等について検討
 を開始いたしました。
  開催通知については、12月上旬頃にご案内をさしあげる予定です。

  企画委員は次のとおり(調査・相談員、センター職員を除く)
   東京大学財務戦略グループ予算チーム係長    須 藤 桂太郎
   東京医科歯科大学総務部職員課職員掛長     下 田 弘 二
   東京外国語大学会計課出納係長         大 跡 尚 美
   名古屋大学財務部財務課予算グループ掛長    市 川 真 康
   京都大学総務部人事企画課専門職員       村 田   諭
   長崎大学財務部財務課予算企画室予算企画班主査 土 橋 一 徳

 ◆ 国立大学法人若手職員勉強会について
  =11月17日(月)、18日(火)学術総合センターにて開催=

   各国立大学法人等より155名に参加いただくことになりました。
   10月30日の第3回企画委員会では、最終調整が行われました。
   企画委員の伊達さんより開催に向けての決意表明をいただきます。
    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
    ================================================================
     第2回国立大学法人若手職員勉強会の開催に向けて
       −「はじまり」と「つながり」−

                     企画委員
                     東京海洋大学財務部財務課
                            伊達 精也
  1 はじめに
   来る平成20年11月17日、18日の2日間、国立大学財務・経営
  センター経営相談事業「第2回国立大学法人若手職員勉強会−自ら考え、
  行動できる職員を目指して−」が、学術総合センター一橋記念講堂(東
  京都千代田区)にて開催されます。
   その開催を目前にして、簡単ではありますが、この勉強会のご紹介を
  させていただくとともに、一企画委員として携わる者の思いをこの場を
  お借りして述べさせていただきます。

 ⇒▽ 全文はこちらから
      http://www.zam.go.jp/pdf/00000220.pdf


【病院経営】
 ◆ 国立大学病院業務改善取組事例について
   各附属病院から推薦のあった改善取組事例について、10月23日に
  取組事例抽出作業小WGにおいて事例の編集・抽出作業の取り纏め作業
  等を行いました。取組事例については、今後、各国立大学病院へフィー
  ドバックするとともに、特色ある事例については、直接訪問等させてい
  ただく予定です。ご協力お願いいたします。

 ◆ 医事ワークショップの実施に向けた検討をスタート
=平成21年2月12日(木)、13日(金)学術総合センターにて開催=

  今年度新たに医事ワークショップを開催することとし、10月17日、
 第1回の企画委員会を立ち上げ、対象者やテーマ、日程等について検討を
 開始しました。
  開催通知については、11月中旬にご案内をさしあげる予定です。

  企画委員は次のとおり(調査・相談員、センター職員を除く)
   筑波大学附属病院病院総務部医事課課長補佐   澤 邊 康 利
   群馬大学昭和地区事務部医療サービス課副課長  今 泉 一 宏
   東京大学医学部附属病院医事課長        佐々木 順 三
   東京大学医学部附属病院医事課入院チーム
         入院総括DPC担当サブリーダー  石 崎 義 弘
   東京医科歯科大学医学部医事課医事掛長     高 砂 健 介
   福井大学病院部医療サービス課課長補佐     坪 川 光 夫

 ◆ 国立大学附属病院若手職員勉強会について
  =11月25日(火)、26日(水)学術総合センターにて開催=

   各国立大学附属病院より111名に参加いただくことになりました。
   10月15日、11月6日に企画委員会を開催し、最終調整が行われ
  ました。
   企画委員の池田さんより開催に向けての決意表明をいただきます。
    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
    ================================================================
    第2回国立大学附属病院若手職員勉強会に臨むにあたって

         企画委員
         筑波大学病院総務部経営企画・管理課(経営戦略)主任
         筑波大学附属病院経営戦略室     池 田 一 郎

  私は、昨年度の第1回勉強会に参加者として参加いたしました。全国に
 はがんばっている仲間が多くいる!と感動を覚えたことを思い出します。
  今年になり、企画委員としてのご指名を受け、前回とは少し違った立場
 で参加することになりました。そのときに真っ先に考えたことは、@今の
 国立大学病院の若手職員に求められるものとこれからは何だろう。A国立
 大学附属病院の経営にとって事務職員・組織はどうあるべきだろう。とい
 うことでした。

 ⇒▽ 全文はこちらから
      http://www.zam.go.jp/pdf/00000221.pdf


 _/_/経営相談室 ホームページ_/_/
    http://www.zam.go.jp/s00/s0000000.htm
    経営相談事業の概要、活動状況等などをアップしています。
    また以下のコンテンツがご利用いただけます。

 ◆ 国立大学法人財務・経営に関する取組事例について
   平成18事業年度(財務経営支援研究会抽出事例)
     http://www.zam.go.jp/s00/s1200018.pdf

   平成17事業年度(財務経営支援研究会抽出事例)
     http://www.zam.go.jp/s00/s1200017.pdf

 ◆ 大学訪問調査による「取組事例」について
   国立大学法人取組事例Vol.1(訪問調査概要)
     http://www.zam.go.jp/s00/s4000002.pdf

   国立大学法人取組事例Vol.2(訪問調査概要)
     http://www.zam.go.jp/pdf/00000140.pdf

   国立大学附属病院取組事例Vol.1(訪問調査概要)
     http://www.zam.go.jp/pdf/00000147.pdf

 ◆ 経営改善方策に係る事例及び事例募集
   経営相談室では、財務・経営の改善に関し、広く情報を提供するべく、
  経営改善、取り組みの事例を収集しております。ご紹介いただける事例
  がございましたら、ご提供をよろしくお願いいたします。
     http://www.zam.go.jp/m00/m0000100.htm
   現在、国立大学法人財務管理等に関する協議会等で発表された16件
  の事例を紹介しています。

 ◆ 経営相談フォーム
   また、経営相談室においては、経営相談に係る質問も受け付けており
  ます。各研究会等で検討の上、回答をさせていただきます。
     http://www.zam.go.jp/l00/l0000000.htm

       ◇◇経営相談事業に関する問い合わせ先◇◇
         経営相談室
         E-mail management@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 業務情報(会議室予約のご案内)

◆ ぜひご利用を!

  当センターでは学術総合センター及びキャンパス・イノベーションセン
 ターの会議室の管理運営を行っております。
  学術・高等教育に関する会議、学会、講演会、研修会などの開催にご利
 用いただけます。付帯設備等についても無料で使用が可能です。

  12月につきましては、まだ空室がございます。
  急なご利用にもできるかぎり対応させていただきますので、ぜひご利用
 ください。
  
  なお、予約につきましては会議予約システムを利用したWeb上からの
 み承っております。
  あらかじめ利用者登録を行っていただき、発行された利用者番号及びパ
 スワードで予約を行ってください。

  当センターHPのトップページ「共用会議室予約システム(予約状況)」
 ボタンをクリックして予約画面にお進みください。
   HPトップページ  http://www.zam.go.jp/


           ◇◇受付及び問い合わせ先◇◇
             経営支援課(会議室利用案内)
             TEL 03-4212-6321 FAX 03-4212-6300

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 研究部より

― 研究会のご案内 ―
 国立大学財務・経営センター研究部では下記のとおり研究会を開催いたし
ます。国立大学法人等の教職員でご興味のある方がいらっしゃれば、ぜひご
参加ください。

 第44回 高等教育財政・財務研究会(平成20年11月29日開催)

 1.テ ー マ:『私立大学の寄附募集戦略を考える』
 2.講   師:金 山 仁志郎 氏(青山学院 財務顧問)
          目 黒 純 一 氏(熊本学園大学 常務理事)
 3.コメント:山 本 雅 淑 氏(日本私立学校振興・共済事業団
                       財務部 次長 企画室 次長)
          高 井 陸 雄 氏(東京海洋大学長) 
 4.日   時:平成20年11月29日(土)14:00〜16:30
 5.会   場:学術総合センター1階 特別会議室101〜103
         〒101−0003 東京都千代田区一ツ橋2−1−2
 6.申込期限:平成20年11月14日(金)

 ※参加を希望される方は、所属・連絡先・氏名を明記の上、下記までご連
  絡ください。

 ※第45回については、12月20日(土)に開催の予定です。
  テーマ等につきましては、下記までお問い合わせください。

    ◇◇本件に関するお問い合わせ先◇◇
       国立大学財務・経営センター経営支援課企画係
           Tel 03-4212-6310
           Fax 03-4212-6600
           E-mail jigyou1@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ キャンパス・イノベーションセンター情報

◆ 「JSTイノベーションブリッジ・CIC東京 研究発表会」について ◆
=11月18日(火)キャンパス・イノベーションセンター東京にて開催=

・名称:JSTイノベーションブリッジ「CIC東京 研究発表会」  
・日時:平成20年11月18日(火)10:30〜16:30
・会場:キャンパス・イノベーションセンター東京(CIC)
・主催:(独)科学技術振興機構(JST) 
    CIC内参加大学
・内容:@産学共同研究に意欲的な研究者が、最先端の基礎研究発表を行う
     医療・バイオ/アグリ・食品/環境/材料/情報/電気・電子/機械
     計24件 (17校)
    A発表テーマに関するポスター展示会場での意見交換と個別相談 
 
・参加費  無 料(事前登録制)

【行事詳細】
 ・JSTのホームページをご覧下さい。
  http://deainoba.jp/meeting/081118/index.html

【申込み方法】
 ・FAX またはJSTホームページからお申込み下さい
  FAX:03−5214−8496  
  http://deainoba.jp/meeting/081118/index.html

【本件に関する問合せ先】
  独立行政法人 科学技術振興機構
  産学連携事業本部 技術展開部 イノベーション創出課
  〒102-8666 東京都千代田区四番町5−3
  電話:03-5214-7995  FAX:03-5214-8496
  E-mail:innovdei@jst.go.jp
  ホームページ:http://www.deainoba.jp/


◆ 第4回CIC東京 大学連合フォーラム
           「環境問題と大学の役割」開催される ◆

 10月29日にキャンパスイノベーションセンター(CIC)東京において、
昨年度に引き続き、第4回CIC東京大学連合フォーラムが開催されました。
 今回のフォーラムの実施概要とその状況をご報告いただきます。

 ⇒▽ 詳しくはこちらから
      http://www.zam.go.jp/pdf/00000226.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 国立大学法人等情報

◆ 国立大学法人東京農工大学情報 ◆

 ◇農学部附属「動物医療センター」開院記念式典を挙行
   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000222.pdf

 ◇「アグロイノベーション戦略研究ワークショップ」を開催〜「アグロイ
  ノベーション高度人材養成センター」での初めてのイベント〜
   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000223.pdf

 ◇特別講演会「循環型社会をめざして−
               暮らしにプライドをとりもどす−」を開催
   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000224.pdf

 ◇アジア人財資金構想 高度専門留学生育成事業
 「先端ものづくりITエンジニア育成プログラム」開講式を挙行
   ⇒▽ http://www.zam.go.jp/pdf/00000225.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 編集担当から

 ◇ 国立大F&Mマガジンへの投稿について
   各大学の事例紹介や読者のみなさまからの投稿を受け付けています。
   具体の手続き等については、編集担当(mail-maz@zam.go.jp または
  03-4212-6312)までお問い合せください。

 ◇ 国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除
      http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm
 ◇ 国立大F&Mマガジンのバックナンバー
      http://www.zam.go.jp/q00/q0000001.htm
 ◇ 国立大F&Mマガジン特別寄稿・寄稿・コラム
      http://www.zam.go.jp/q00/q0000002.htm

※ 過去に登録されたみなさまへ
  空メールで登録いただいている方は自動的に新システムに移行(登録)
 しておりますが、登録解除を希望される場合は、mail-maz@zam.go.jp ま
 でお手数ですがメールをお願いします。

 ◇ キャンパス・イノベーションセンター専用ホームページのご案内
   入居する大学の活動内容、イベントの最新情報などを発信しています。
     CIC東京   http://cic-hp.zam.go.jp/
     CIC大阪   http://cic-hp.zam.go.jp/osaka/

                           (経営支援課)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□ 編集後記

 早いもので11月も半ばとなり、木々の葉も色づき、木枯らし吹く季節です。
 皆様風邪など召されませんように。

 さて、今月は東京海洋大学の高井学長に寄稿いただきました。「高等教育
に必要なことは、幅広い教養と優れた倫理観を持たせるとともに、それぞれ
の分野における知の創造、技術の革新、国際化推進等々に主体的に取り組む
こと」であるというお考えをもとに、次期中期目標策定に当たり大学の機能
を反映させるべくご検討されている様子が伝わってきました。
 法人化直後の学長を経験した方々から、国立大学法人の問題点、本学はこ
んなことをしたという自慢話、失敗談の収集などのご示唆もいただきました。
どうもありがとうございました。

 今月は2つの若手職員勉強会が開催されます。それぞれ4か月をかけてそ
の内容を練ってまいりました。企画委員からは力強い決意表明が出されてい
ます。年明けには係長級の勉強会や医事ワークショップも開催される予定で
す。
 各大学から参加した皆さんが満足して大学に戻り、今後元気にご活躍いた
だくことを願っております。

 過日CIC東京大学連合フォーラムが開催されました。環境問題に対する
意識は高く、多くの参加者で会場は熱気に包まれていました。概要は報告を
ご覧ください。

 国立大F&Mマガジンは皆様方の寄稿と購読者のご協力により配信されて
います。
 皆様方のお役に立てる情報提供を円滑に進められるよう、是非忌憚のない
ご意見等をお寄せくださいませ。(Y.I )

■■■■==========================■■■■

□ 編集・発行
  編集長:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課長
                                              伊 東  陽 子
  発 行:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課
         〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
               学術総合センター10F
            TEL 03-4212-6311・6312
    ご意見・ご要望は、編集担当にどうぞ
      E-mail mail-maz@zam.go.jp
    国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除
        http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm    
        
■■■■==========================■■■■