第40号 平成21年09月14日


☆★☆★==========================☆★☆★
                第40号 平成21年9月14日

             国立大 F&Mマガジン
          (F=Finance、M=Management)

        【(独)国立大学財務・経営センター メールマガジン】
☆★☆★==========================☆★☆★

 国立大 F&Mマガジン第40号をお届けします。

 当センターでは、情報提供活動の一環として、各種事業イベントの案内、
研究レポート、文部科学省からの情報、各大学における経営実情レポート、
経営相談Q&A、財産管理・施設整備に関する情報などをタイムリーに提供
することを目的にメールマガジンを発刊しています。

 多くの方々にご覧いただけるよう、記事にも工夫を重ねてまいります。
 学内等の教職員の皆様に広くご紹介いただきますよう、よろしくお願いし
ます。

   ※このメールマガジンは等幅フォントでご覧ください。
      (なお、リンクが無効になる場合があります。)

  ※現在の配信希望  2,712件 (2009.9.14現在)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
【目 次】

  ・特別寄稿
   『日本最北の寒冷地、環オホーツク圏から地球温暖化に挑戦する北見
   工業大学』              北見工業大学長 鮎田耕一
 ・【シリーズ】米国における経営支援の取組について(そのG)
      『北米大学における監査について(報告)』福井大学理事 高梨桂治
 ・第2回国立大学附属病院若手職員勉強会実践報告が完成
 ・財産管理・施設整備に関する情報
 ・経営相談室情報
 ・経営相談室ホームページのご案内
 ・業務情報
    財務レポート&環境報告書ポータルサイトについて
    会議室予約のご案内
 ・研究部より
 ・編集担当から
 ・編集後記


■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□特別寄稿
 『日本最北の寒冷地、環オホーツク圏から地球温暖化に挑戦する北見工業
 大学』
                      北見工業大学長 鮎田耕一

 ○農業地帯に、工業大学。・・・なぜ?
  これは北見工業大学が受験生向けに作成している入試パンフレットのキ
 ャッチコピーです。
  本学は日本最北に位置する国立大学で、北見市はオホーツク海に面した
 広大な農業地帯にあり、日帰り圏内にユネスコ世界自然遺産に登録された
 知床をはじめ阿寒、大雪山の3つの国立公園と網走国定公園があります。
  なぜこのような環境の地に工業大学が設置されたのでしょうか?

   ⇒▽本文はこちらから
     http://www.zam.go.jp/pdf/00000322.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□【シリーズ】米国における経営支援の取組について(そのG)
      『北米大学における監査について(報告)』   
                       福井大学理事 高梨桂治

   海外の大学事情について、何か参考になる寄稿をとの依頼を受けまし
  たので、ずいぶん古くなってしまいましたが、平成17年3月に山梨大学
  の深澤監事(当時)、当時福井大学監事であった高梨、本学職員の窪田
  係長(当時)の3名で行った、北米大学における監査に関する視察のご
  報告を行いたいと思います。視察先、視察期間は以下の通りです。

   ⇒▽本文はこちらから
     http://www.zam.go.jp/pdf/00000323.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□第2回国立大学附属病院若手職員勉強会実践報告が完成
   昨年11月25・26日に開催した第2回国立大学附属病院若手職員
  勉強会の成果として、「国立大学附属病院の未来を作る〜輝く事務職員
  になるために…〜」と題した実践報告(リーフレット)を作成し、国立
  大学附属病院へ送付しました。
   国立大学附属病院の若手職員の意気込みを是非ご覧ください。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000008.htm
 
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□財産管理・施設整備に関する情報

 ◇国立大学法人等の財産管理に関する研究協議会の開催のお知らせ◇

   平成21年度第2回国立大学法人等の財産管理に関する研究協議会に
  ついて、以下のとおり開催することとなりましたので、お知らせいたし
  ます。参加をご希望される方は、所属・職名・氏名、連絡先電話番号を
  finance@zam.go.jpまで電子メールで連絡下さい。
   なお、国立大学法人等には、別途、開催案内を通知しておりますので、
  そちらでご登録されている場合には不要です。
   ※国立大学法人等への開催案内では、参加申込期日を9月10日とし
    ておりますが、電子メールによる申込に限っては9月10日以降の
    ご登録も可能です。
    ただし、9月10日以降にご連絡をいただいた方につきましては、
    参加者名簿に所属・職名・氏名を掲載できない場合もありますので
    あらかじめご了承願います。

  (内容)
   日 時:平成21年9月29日(火) 13:30〜17:00
   場 所:学術総合センター2階 一橋記念講堂
   議 題:
   (1)「国立大学法人等の資産の現状と課題について」
               文部科学省高等教育局国立大学法人支援課
   (2)基調講演「不動産登記の必要性とその対応について」
                       二上良男司法書士事務所 
   (3)−1「国立大学法人施設の有効活用に関する取組状況について」
      −2「知の拠点−我が国の未来を拓く国立大学法人等施設の整
         備充実(中間まとめ)について」   
               文部科学省大臣官房文教施設企画部計画課 
   (4)新たな整備手法の取り組み事例紹介
      ・九州工業大学「弾力的な施設運営による共同研究・受託研究
              等の拡充について」         
      ・秋田大学「地方公共団体からの補助金によるがん診機器及び
            施設整備について」
   ※議題等は現時点での予定であり、今後変更する場合があります。


 ◇施設費貸付事業及び施設費交付事業の執行上、疑問点等ある場合は、お
 気軽に下記あて先までお問い合わせください。個別又は本メールマガジン
 にて回答させていただきます。

 ◇各国立大学法人等において財産管理・財産処分に関し課題等あればお気
 軽に下記あて先までお問い合わせください。当センターで委嘱している弁
 護士、司法書士等の専門家と協力して個別又は本メールマガジンにて回答
 させていただきます。

 ◇◇「財産管理・施設整備に関する情報」の掲載内容に関する
                         お問い合わせ先◇◇
           施設助成課
           Tel 03-4212-6101,6110  Fax 03-4212-6600
           E-mail finance@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□経営相談室情報

_/_/経営相談室 事業案内_/_/

【財務経営】
 
 ◆第2回国立大学法人係長クラス勉強会の実施に向けた検討をスタート
   =1月20日(水)、21日(木)学術総合センターにて開催=

   昨年度に引き続き、国立大学法人の経営向上及び業務環境の一層の向
  上・発展を支援することを目的とした国立大学法人係長クラス勉強会を
  開催するため、企画委員会を立ち上げ、検討をはじめました。
   9月4日の第1回の企画委員会では、開催の目的、対象者、構成など
  について勉強会をより充実したものとするための活発な意見や提案がな
  されました。
   次回以降、具体の実施内容等について検討を行い、10月以降に開催
  通知を各大学等へご案内させていただく予定です。

  今年度は下記のメンバーに企画委員をお願いしております。
                (調査・相談員、センター職員を除く)
   東北大学総務部人事課給与第二係長       佐 藤 秀 樹
   秋田大学企画調整課経営企画室企画調査係長    利  勝 利
   埼玉大学財務部財務課専門職員         福 島 謙 吉
   東京医科歯科大学総務部職員課職員掛長     下 田 弘 二
   東京外国語大学留学生課専門職員        大 跡 尚 美
   三重大学財務部財務チームチーフ        河 村 俊 男
   広島大学学長室学長支援グループ主査      松 崎 和 俊
   奈良先端科学技術大学院大学経営企画部人事課職員係長
                          一 鷓 宏 真
   自然科学研究機構岡崎統合事務センター財務部施設課施設係長
                          園 田 秀 久

 ◆第3回国立大学法人若手職員勉強会について
   今回は「‐自ら考え、行動し、貢献できる職員を目指して‐」とのサ
  ブタイトルで開催することを決定し、各法人・機関へ開催通知を発送さ
  せていただきました。
   現在、実施内容のより一層の充実を目指し、企画委員一同検討を行っ
  ております。
   各法人・機関におかれましては参加対象者へ広くご周知いただくとと
  もに、参加手続きをよろしくお願いします。

 ◆国立大学法人取組事例調査について
   現在、平成20事業年度以降の各法人の取組事例について整理を行っ
  ております。特色ある取組事例については、後日訪問調査をさせていた
  だき、広く情報提供をしていく予定です。
   ご協力をお願いいたします。  


【病院経営】

 ◆第3回国立大学附属病院若手職員勉強会の実施に向けた検討をスタート
   「ルーキーズ卒業宣言!!3C主義で活発系若手職員になる!
                 〜アナタが変われば病院も変わる〜」
   =11月19日(木)、20日(金)学術総合センターにて開催=

   附属病院の経営向上及び業務環境の一層の向上・発展を支援すること
  を目的とし、第3回目となる国立大学附属病院若手職員勉強会を開催す
  るため、企画委員会を立ち上げ、検討をはじめました。
   8月27日の第1回の企画委員会では、三重大学の駒田委員をリーダ
  ーに選出し、開催の目的、対象者、構成などについて勉強会をより充実
  したものとするための活発な意見や提案がなされました。
   上記のとおり、サブタイトルを決定し、開催通知を各大学病院へご案
  内させていただいております。3Cとは、Challenge! Change! Chance! 
  を示しています。参加申込みをよろしくお願いします。

  今年度は下記のメンバーに企画委員をお願いしております。
                (調査・相談員、センター職員を除く)
   東北大学病院事務部経営管理課経営改善係    渡 邉 直 美
   信州大学医学部附属病院事務部総務課総務係   北 清 義 之
   名古屋大学医学部・医学系研究科事務部経営企画課経営分析係主任
                          高 井 真 治
   三重大学医学部附属病院事務部経営管理課予算企画係主任
                          駒 田 雅 彦
   神戸大学医学部事務部総務課人事係       前 川 隆 志
   佐賀大学医学部附属病院事務部患者サービス課審査担当
                          北 島 清 正
   長崎大学病院事務部医事課医事管理班医事企画担当主任
                          境 脇 由香利

 ◆人事労務ワークショップについて
   来たる10月13日、14日に開催する人事労務ワークショップへ参
  加申込みありがとうございました。申込みいただいた附属病院には近日
  中に参加決定通知を送付させていただく予定です。
   また、プログラムの詳細についても併せてお知らせする予定となって
  おります。どうぞよろしくお願いいたします。

 ◆国立大学病院業務改善取組事例調査について
   8月6日付けで各大学病院事務部長あてにご依頼させていただきまし
  たところ多くの事例をご推薦いただきありがとうございました。
   現在ご推薦いただきました事例につきまして、ワーキンググループの
  メンバーで抽出・整理作業を行っております。
   整理できた段階で、各大学病院へフィードバックさせていただくとと
  もに、特色ある取組については直接訪問させていただく予定となってお
  ります。
   ご協力をよろしくお願いします。

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□経営相談室ホームページのご案内

_/_/経営相談室 ホームページ_/_/
      http://www.zam.go.jp/s00/s0000000.htm
  経営相談事業の概要、活動状況等などをアップしています。
  また以下のコンテンツがご利用いただけます。

 ◆国立大学法人財務・経営に関する取組事例について
   各国立大学法人より公表されている業務の実績に関する報告書から、
  当センター経営相談室財務経営支援研究会の調査・相談員が業務改善の
  参考となる事例を抽出したものです。
   なお、各年度の取組事例を事項別に並び替えを行いました。
     http://www.zam.go.jp/s00/s1200000.htm

 ◆大学訪問調査による「取組事例」について
   各国立大学法人において行われている業務改善の取り組みについて、
  報告書からの事例抽出および各国立大学法人等からの推薦を受け、財務
  経営支援研究会および病院経営支援研究会の調査・相談員が訪問調査を
  行いました。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000004.htm

 ◆国立大学法人若手職員勉強会について
   2008年度の成果を取りまとめたリーフレットとともに分科会で討
  議した内容について、下記に成果をアップしています。
      http://www.zam.go.jp/s00/s0000040.htm

 ◆国立大学法人係長クラス勉強会について
   2008年度のグループワークで討議した内容について、下記に成果
  をアップしています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000006.htm

 ◆国立大学附属病院若手職員勉強会について
   2008年度の成果を取りまとめたリーフレットとともにワークショ
  ップで討議した内容について、下記に成果をアップしています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000008.htm

 ◆医事ワークショップについて
   2008年度のワークショップで討議した内容について、下記に成果
  をアップしています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000007.htm

 ◆経営改善方策に係る事例及び事例募集
   経営相談室では財務・経営の改善に関し、広く情報を提供するため、
  経営改善、取り組みの事例を収集しております。
   ご紹介いただける事例がございましたら、ご提供をよろしくお願いい
  たします。
     http://www.zam.go.jp/m00/m0000100.htm
   現在、国立大学法人財務管理等に関する協議会等で発表された16件
  の事例を紹介しています。

 ◆経営相談フォーム
   また、経営相談室においては、経営相談に係る質問も受け付けており
  ます。各研究会等で検討の上、回答をさせていただきます。
     http://www.zam.go.jp/l00/l0000000.htm

       ◇◇経営相談事業に関する問い合わせ先◇◇
         経営相談室
         E-mail management@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□センター業務情報

◆財務レポート&環境報告書ポータルサイトについて

  当センターのホームページに財務レポート及び環境報告書についてのポ
 ータルサイトをオープンしています。
  法人化後、多くの国立大学法人は学内、企業や一般の方向けに財務状況
 等をわかりやすく説明するため、冊子やリーフレット作成するようになり、
 様々な形で公開されています。
  また、「環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した
 事業活動の促進に関する法律」により特定事業者とされた法人は環境報告
 書の作成が義務付けられたこともあり、多くの法人が作成するようになり
 ました。
  これらを一括して閲覧が可能なサイトです。
       http://www.zam.go.jp/s00/rp000001.htm

◆会議室予約のご案内

 ☆学術総合センター2F会議室を改修しました!☆
  9月1日より、学術総合センター2F会議室(201-203)の3室一体利用
 が可能となりました。上記に伴い、3室同時利用の料金が15%割引とな
 ります。会場の一つとして、ぜひご検討ください。
  詳細につきましては、下記センターHPトップページから「共用会議室
 予約システム(予約状況)」をクリックした先の《お知らせ》をご覧くだ
 さい。

 ☆ぜひご利用を!☆
  当センターでは学術総合センターの会議室の管理運営を行っております。
  学術・高等教育に関する会議、学会、講演会、研修会などの開催にご利
 用いただけます。付帯設備等についても無料で使用が可能です。
 
  10月につきましては、まだ空室がございます。
 急なご利用にもできるかぎり対応させていただきますので、ぜひご利用く
 ださい。
  なお、予約につきましては会議予約システムを利用したWeb上からの
 み承っております。
  あらかじめ利用者登録を行っていただき、発行された利用者番号及びパ
 スワードで予約を行ってください。
  当センターHPのトップページ「共用会議室予約システム(予約状況)」
 ボタンをクリックして予約画面にお進みください。
   HPトップページ  http://www.zam.go.jp/

           ◇◇受付及び問い合わせ先◇◇
             経営支援課(会議室利用案内)
             TEL 03-4212-6321 FAX 03-4212-6300

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□研究部より

 ◇研究会のご報告◇
  トム・クリステンセン氏講演会(平成21年8月20日開催)

   8月10日から8月21日まで外国人客員教授として来日されたトム
  ・クリステンセン氏による講演会を開催しました。
   高等教育研究者や大学関係者など多数ご参加いただき、活発な質疑応
  答がなされました。

   1.テ ー マ:『大学のガバナンス構造
             −国際的視点から見た日本の国立大学制度−』
   2.講  師:トム・クリステンセン(オスロ大学教授)

     講演資料は、こちら▼
        http://www.zam.go.jp/pdf/00000324.pdf
     講演会の様子は、こちら▼
        http://www.zam.go.jp/pdf/00000325.pdf

        ◇◇本件に関するお問い合わせ先◇◇
          国立大学財務・経営センター経営支援課企画係
             Tel 03-4212-6310
             Fax 03-4212-6600
             E-mail jigyou1@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□編集担当から

 ◇国立大F&Mマガジンへの投稿について
   各大学の事例紹介や読者のみなさまからの投稿を受け付けています。
   具体的な手続き等については、編集担当(mail-maz@zam.go.jpまた
  は03-4212-6312)までお問い合せください。

 ◇国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除について
   配信登録や登録解除はWeb上で受け付けております。バックナンバ
  ーも掲載しております。
          http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm

  ※過去に登録されたみなさまへ
    空メールで登録いただいている方は自動的に新システムに移行(登
   録)しておりますが、登録解除を希望される場合は、下記アドレスま
   でお手数ですがメールをお願いします。
             mail-maz@zam.go.jp
                           (経営支援課)
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□編集後記
 
 衆議院選挙も終わり、政府も新たな体制でスタートです。
 街中では新学期で夏休みにたっぷり充電した元気な生徒・学生の姿が見ら
れるようになりました。

 今月のメルマガをお届けします。

 特別寄稿は、北見工業大学長の鮎田先生にお願いしました。わが国最北端
の国立工業大学が誕生した経緯や地域とともに歩んでいる様子がが述べられ
ております。地方の国立大学は、それぞれの地域の強い期待と要請に応える
ことが求められており、教育、研究に加え積極的に地域貢献活動が行われて
いる現場の様子がよくわかります。
 鮎田先生どうもありがとうございました。

 今月は米国大学における監査について、福井大学の高梨理事に記事を寄せ
ていただきました。米国の滞在経験も長く、現地での実際のご経験を踏まえ
示唆される内容は、わが国の大学にも参考になることでしょう。
 高梨理事どうもありがとうございました。  

 昨年の附属病院若手職員勉強会の実践報告について登載させていただきま
した。輝く事務職員になるため、日々頑張っている病院の若手職員にエール
を送りたいと思います。
 さて、来月の人事・労務ワークショップを皮切りに今年度の経営相談事業
としての勉強会とワークショップがスタートします。
 法人化以降希薄となりがちな大学間のネットワークづくりと仕事への気づ
きが得られる機会の一助となれば嬉しく思います。
 多くの方の参加をお待ち申し上げております。

 今月1日に各国立大学法人の平成20事業年度財務諸表について、文部科学
大臣による承認が行われております。
 当センターでは、財務レポートのポータルサイトをご案内しておりますが、
平成20事業年度分の新たなレポートを作成された法人につきましては、適宜
リヴァイスを行いますので、経営支援課までご連絡ください。

 国立大F&Mマガジンは皆様方の寄稿とご協力により配信されています。
 今後とも皆様方のお役に立てる情報提供を円滑に進められるよう、努めて
まいります。
 どうぞよろしくお願いいたします。(Y.I )

■■■■==========================■■■■
□編集・発行
  編集長:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課長
                                              伊 東  陽 子
  発 行:
  (独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課
         〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
               学術総合センター10F
            TEL 03-4212-6311・6312
    ご意見・ご要望は、編集担当にどうぞ
      E-mail mail-maz@zam.go.jp
    国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除
        http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm
■■■■==========================■■■■