第43号 平成21年12月15日


☆★☆★==========================☆★☆★
                第43号 平成21年12月15日

             国立大 F&Mマガジン
          (F=Finance、M=Management)

        【(独)国立大学財務・経営センター メールマガジン】
☆★☆★==========================☆★☆★

 国立大 F&Mマガジン第43号をお届けします。

 当センターでは、情報提供活動の一環として、各種事業イベントの案内、
研究レポート、文部科学省からの情報、各大学における経営実情レポート、
経営相談Q&A、財産管理・施設整備に関する情報などをタイムリーに提供
することを目的にメールマガジンを発刊しています。

 多くの方々にご覧いただけるよう、記事にも工夫を重ねてまいります。
 学内等の教職員の皆様に広くご紹介いただきますよう、よろしくお願いし
ます。

   ※このメールマガジンは等幅フォントでご覧ください。
      (なお、リンクが無効になる場合があります。)

  ※現在の配信希望  2,780件 (2009.12.15現在)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
【目 次】

  ・特別寄稿
  「高等教育とスチューデントデベロップメント」
       独立行政法人国立高等専門学校機構 理事長  林 勇二郎
 ・財産管理・施設整備に関する情報
 ・経営相談室情報
 ・経営相談室ホームページのご案内
 ・業務情報
    財務レポート&環境報告書ポータルサイトについて
    会議室予約のご案内
 ・研究部より
 ・国立大学法人等情報
 ・編集担当から
 ・編集後記


■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□特別寄稿
 「高等教育とスチューデントデベロップメント」
       独立行政法人国立高等専門学校機構 理事長  林 勇二郎

 学生と高等教育
  我が国の学校教育は、戦後、初等、中等、高等教育を直線的に接続する
 6・3・3・4年の制度をもって教育機会を拡大し、経済大国へと発展してき
 た。高等教育を学ぶ若者がエリートからマス、さらには同世代の進学率が
 50%を超えるユニバーサルの時代に入った今や、大学、短大、高専などは、
 21世紀の知識基盤社会を支える専門職業人や市民を養成する主要な場にな
 っている。そして、社会にでるための準備となるこの期間は、画一的な初
 等・中等教育からの離脱の場でもある。

   ⇒▽本文はこちらから
        http://www.zam.go.jp/pdf/00000336.pdf
 
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□財産管理・施設整備に関する情報

 ◇施設費貸付事業及び施設費交付事業の執行上、疑問点等ある場合は、お
 気軽に下記あて先までお問い合わせください。個別又は本メールマガジン
 にて回答させていただきます。

 ◇各国立大学法人等において財産管理・財産処分に関し課題等あればお気
 軽に下記あて先までお問い合わせください。当センターで委嘱している弁
 護士、司法書士等の専門家と協力して個別又は本メールマガジンにて回答
 させていただきます。

 ◇◇「財産管理・施設整備に関する情報」の掲載内容に関する
                         お問い合わせ先◇◇
           施設助成課
           Tel 03-4212-6101,6110  Fax 03-4212-6600
           E-mail finance@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□経営相談室情報

_/_/経営相談室 事業案内_/_/

【財務経営】

 ◆第3回国立大学法人若手職員勉強会が開催されました
   ⇒ 82の国立大学法人、4の大学共同利用機関法人、
          国立高等専門学校機構から113名の若手職員が参加

   11月12日、13日の2日間、経営相談事業の一環として、国立大
  学等の経営向上及び継続的な発展を支援することを目的に若手職員勉強
  会を開催いたしました。
   企画・構成を国立大学法人に現に勤務する若手職員が担当し、「自ら
  考え、行動し、貢献できる職員を目指して」をメインテーマに、参加者
  自らが主体的に課題に取り組み、発表するといった内容で、参加者には
  事前にレポートを作成いただくなど、より実践的なプログラムで実施い
  たしました。
   当日の発表の成果などをホームページに掲載しておりますので、是非
  ご覧ください。

   ▽ワークショップの成果はこちら
        http://www.zam.go.jp/s00/s0000041.htm

   今回、企画委員の高松さんから勉強会のご報告をいただきます。
  ↓     ↓     ↓      ↓     ↓     ↓
  ================================================================
         第3回国立大学法人若手職員勉強会
   〜自ら考え、行動し、貢献できる職員を目指して〜を終えて

              第3回国立大学法人若手職員勉強会企画委員
               岐阜大学総務部総務課総務係 高松 大地

   平成21年11月12日、13日の2日間,学術総合センター一橋記
  念講堂において,国立大学法人,大学共同利用機関等の若手職員113
  名が集結し、国立大学財務・経営センター経営相談事業「第3回国立大
  学法人若手職員勉強会」が開催されました。
   「自ら考え、行動し、貢献できる職員を目指して」をテーマに、従来
  の事務職員の立場だけではなく、組織全体の方針を理解しつつ、自らの
  立場と役割を自覚して行動できる大学職員を目指し、参加者が自ら考え、
  課題を認識し、その解決策を見つけていくためのプロセスを重視した勉
  強会です。
    ⇒▽ 全文はこちらから
        http://www.zam.go.jp/pdf/00000337.pdf

 ◆第2回国立大学法人係長クラス勉強会について
   多数の参加申込みをいただき、ありがとうございました。各国立大学
  法人等から総勢85名にご参加いただくこととなりました。
   現在、より良い勉強会になるよう検討を重ねております。参加予定の
  皆様どうぞ楽しみにしていてください。

 ◆国立大学法人財務・経営に関する取組事例について
   平成20事業年度各法人の取組事例について整理を行いました。
  特色ある取組事例については、後日訪問調査をさせていただき、広く情
  報提供をしていく予定としております。訪問先の大学の皆様、ご協力を
  お願いいたします。
    ⇒▽ 平成20事業年度の取組事例はこちらから
        http://www.zam.go.jp/s00/s1200020.pdf


【病院経営】

 ◆第3回国立大学附属病院若手職員勉強会が開催されました
    ⇒ 42の国立大学附属病院から97名の若手職員が参加

   11月19日、20日の2日間、経営相談事業の一環として、企画立
  案能力、問題解決能力および仕事に対するモチベーションの向上、人脈
  ネットワークの構築を図り、附属病院を活性化する若手職員を育成する
  ことを目的に若手職員勉強会を開催いたしました。
   企画・構成を国立大学附属病院に現に勤務する若手職員が担当し、
  「ルーキーズ卒業宣言!!3C主義で活発系若手職員になる!〜アナタ
  が変われば病院も変わる〜」をメインテーマに、日常業務における課題
  や事務分掌を超えた課題への取組について活発な意見交換や、大学病院
  を変えるために若手職員に何ができるのかの検討を行うなど、より実践
  的なプログラムで実施いたしました。
    当日の発表の成果などをホームページに掲載しておりますので、是非
  ご覧ください。
  
   ▽ワークショップの成果はこちら
        http://www.zam.go.jp/s00/s0000009.htm

 ◆医事ワークショップについて
  =2月18日(木)・19日(金)に学術総合センターにて開催=
   昨年度に引き続き開催する医事ワークショップに向けて、11月26
  日(木)に第1回企画委員会が開催され、ワークショップの具体的な内
  容等についての検討に着手しました。
   各国立大学病院事務部長あてに開催通知を発出させていただきました。
  参加申込みお待ちしております。
   なお、参加申込みいただきました大学病院につきましては、12月中
  に参加者を決定し、ご連絡する予定としております。

  今年度は下記のメンバーに企画委員をお願いしております。
                      (調査・相談員を除く)
   東北大学病院事務部医事課課長補佐        渡 邊 サチ子
   筑波大学病院総務部医事課課長補佐        澤 邊 康 利
   群馬大学昭和地区事務部医療サービス課副課長   今 泉 一 宏
   千葉大学医学部附属病院事務部医事課外来業務室収入係長
                           田 辺  朗
   東京大学医学部附属病院事務部医事課長      佐々木 順 三
   東京医科歯科大学医学部事務部医事課専門職員   岩 瀬 英 一
   福井大学病院部医療サービス課課長補佐      坪 川 光 夫

 ◆国立大学病院業務改善取組事例調査について
   過日ご推薦いただきました事例につきまして、ワーキンググループに
  おいて整理を行い、各大学病院へフィードバックさせていただきます。
   なお、特色ある取組については直接訪問させていただく予定です。
   どうぞご協力をよろしくお願いします。

  今年度のワーキンググループメンバーは下記の通りです。
                      (調査・相談員を除く)
   筑波大学病院総務部経営企画室専門職員      三 上 智 之
   千葉大学医学部附属病院事務部医事課外来業務室長 小 川 明 宏
   東京大学医学部附属病院事務部経営戦略課経営企画チーム主任
                           荘 野 典 文
   東京医科歯科大学医学部事務部管理課専門職員   橋 本 直 樹
   浜松医科大学総務部情報企画室情報企画係長    小 野  悟

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□経営相談室ホームページのご案内

_/_/経営相談室 ホームページ_/_/
      http://www.zam.go.jp/s00/s0000000.htm
  経営相談事業の概要、活動状況等などをアップしています。
  また以下のコンテンツがご利用いただけます。

 ◆国立大学法人財務・経営に関する取組事例について
   各国立大学法人より公表されている業務の実績に関する報告書から、
  当センター経営相談室財務経営支援研究会の調査・相談員が業務改善の
  参考となる事例を抽出したものです。
   なお、各年度の取組事例については事項別に並び替えを行っています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s1200000.htm

 ◆大学訪問調査による「取組事例」について
   各国立大学法人において行われている業務改善の取り組みについて、
  報告書からの事例抽出および各国立大学法人等からの推薦を受け、財務
  経営支援研究会および病院経営支援研究会の調査・相談員が訪問調査を
  行いました。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000004.htm

 ◆国立大学法人若手職員勉強会について
   平成20年度の成果を取りまとめたリーフレットとともに分科会で討
  議した内容について、下記に成果をアップしています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000040.htm

 ◆国立大学法人係長クラス勉強会について
   平成20年度のグループワークで討議した内容について、下記に成果
  をアップしています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000031.htm

 ◆国立大学附属病院若手職員勉強会について
   平成20年度の成果を取りまとめたリーフレットとともにワークショ
  ップで討議した内容について、下記に成果をアップしています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000008.htm

 ◆医事ワークショップについて
   平成20年度のワークショップで討議した内容について、下記に成果
  をアップしています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000030.htm

  ◆人事労務ワークショップについて
   平成21年度のワークショップで討議した内容について、下記に成果
  をアップしています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000050.htm

 ◆経営改善方策に係る事例及び事例募集
   経営相談室では財務・経営の改善に関し、広く情報を提供するため、
  経営改善、取り組みの事例を収集しております。
   ご紹介いただける事例がございましたら、ご提供をよろしくお願いい
  たします。
     http://www.zam.go.jp/m00/m0000100.htm
   現在、国立大学法人財務管理等に関する協議会等で発表された16件
  の事例を紹介しています。

 ◆経営相談フォーム
   また、経営相談室においては、経営相談に係る質問も受け付けており
  ます。各研究会等で検討の上、回答をさせていただきます。
     http://www.zam.go.jp/l00/l0000000.htm

       ◇◇経営相談事業に関する問い合わせ先◇◇
         経営相談室
         E-mail management@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□センター業務情報

◆財務レポート&環境報告書ポータルサイトについて

  当センターのホームページに財務レポート及び環境報告書についてのポ
 ータルサイトをオープンしています。
  法人化後、多くの国立大学法人は学内、企業や一般の方向けに財務状況
 等をわかりやすく説明するため、冊子やリーフレット作成するようになり、
 様々な形で公開されています。
  また、「環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した
 事業活動の促進に関する法律」により特定事業者とされた法人は環境報告
 書の作成が義務付けられたこともあり、多くの法人が作成するようになり
 ました。
  これらを一括して閲覧が可能なサイトです。センターホームページの
 トップページよりお入りください。
  また、新たな報告書を作成された場合はリンク先の変更を行いますので
 お知らせいただきますようお願いいたします。
        http://www.zam.go.jp/s00/rp000001.htm

◆会議室予約のご案内

 ☆年末年始の休業について☆
  年末年始の下記日程を休業日としております。
  会議室利用案内窓口は、予約受付、会場下見、各種お問い合わせ等の業
 務を行っておりません。共用会議室予約システムも同様に停止しますので
 ご了承ください。
   平成21年12月28日 〜 平成22年1月4日

 ☆ぜひご利用を!☆
  当センターでは学術総合センターの会議室の管理運営を行っております。
  学術・高等教育に関する会議、学会、講演会、研修会などの開催にご利
 用いただけます。付帯設備等についても無料で使用が可能です。
 
  1月につきましては、まだ空室がございます。
 急なご利用にもできるかぎり対応させていただきますので、ぜひご利用く
 ださい。
  なお、予約につきましては会議予約システムを利用したWeb上からの
 み承っております。
  あらかじめ利用者登録を行っていただき、発行された利用者番号及びパ
 スワードで予約を行ってください。
  当センターHPのトップページ「共用会議室予約システム(予約状況)」
 ボタンをクリックして予約画面にお進みください。
   HPトップページ  http://www.zam.go.jp/

           ◇◇受付及び問い合わせ先◇◇
             経営支援課(会議室利用案内)
             TEL 03-4212-6321 FAX 03-4212-6300

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□研究部より

 ―研究会のご報告―
 第49回 高等教育財政・財務研究会(平成21年12月12日開催)
  標記研究会では、高等教育研究者や大学関係者など多数参加をいいただ
 きました。学長の経験を踏まえた大学の問題点や第二期中期目標期間への
 課題などをお伺いする貴重な機会となりました。

  1.テ ー マ:『国立大学法人第二期に向けた課題』
  2.講   師:小 田   章(和歌山大学名誉教授・前学長)
  3.コメント:大 城   肇(琉球大学理事・副学長) 

   小田先生の講演資料は、こちら▼
      http://www.zam.go.jp/pdf/00000338.pdf
   大城先生の講演資料は、こちら▼
      http://www.zam.go.jp/pdf/00000339.pdf
   講演会の様子は、こちら▼
      http://www.zam.go.jp/pdf/00000340.pdf

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□編集担当から

 ◇国立大F&Mマガジンへの投稿について
   各大学の事例紹介や読者のみなさまからの投稿を受け付けています。
   具体的な手続き等については、編集担当(mail-maz@zam.go.jp また
  は03-4212-6312)までお問い合せください。

 ◇国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除について
   配信登録や登録解除はWeb上で受け付けております。バックナンバ
  ーも掲載しております。
      http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm

  ※過去に登録されたみなさまへ
    空メールで登録いただいている方は自動的に新システムに移行(登
   録)しておりますが、登録解除を希望される場合は、下記アドレスま
   でお手数ですがメールをお願いします。
             mail-maz@zam.go.jp
                           (経営支援課)
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□編集後記
 
 12月も半ばとなり、都内でもコートを羽織る人が増えてきたような気が
します。

 さて、今月のメルマガをお届けします。

 今月の特別寄稿は、国立高等専門学校機構理事長(前金沢大学長)の
林先生にお願いしました。
 先生は、学生は社会人となるために多様な可能性の中から選択と決断をし
自己を確立していく過程をスチューデントデベロップメントという言葉で表
現されました。学生のSD場としての高等教育機関についての先生の思いが
述べられています。
 林先生どうもありがとうございました。

 財務経営支援研究会では調査・相談員のご協力を得て、平成20事業年度
の国立大学法人の取組事例の整理を行いました。多くの皆様にご活用いただ
ければ幸いです。

 11月19日、20日には病院経営支援研究会の国立大学附属病院若手職
員勉強会が開催されました。会場では3C(Challenge!Change!Chance!)が
参加者から響き、元気に頑張ろうと誓いを新たにしておりました。
 当日の成果は、非常に凝ったスライドが多かったので、PDF版とともに、
PPT版も掲載しておりますので、是非ご覧ください。
 参加者からなるメーリングリストも稼動し、活発なやりとりが始まりまし
た。参加者が大学に戻り、様々な形でフィードバックしていただくことを願
っております。

 国立大F&Mマガジンは皆様方の寄稿とご協力により配信されています。
 今後とも皆様方のお役に立てる情報提供を円滑に進められるよう、努めて
まいります。
 どうぞよろしくお願いいたします。(Y.I )

◇読者の皆様へ◇
  「国立大F&Mマガジン」も発刊5年目を迎えます。
  配信も、間もなく2,800件となり、多くの皆様方にご愛顧いただき
 感謝しております。
  これからも編集室スタッフ一同、役立つ記事の配信に向けて努力してま
 いりますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
  少々早めではありますが、みなさまどうぞよい年をお迎えください。
  年末年始にリフレッシュし、新たな気持ちで新年をスタートできるよう
 お祈りしております。
           編集室スタッフ(伊東、久保、関根、中野、岡田)

■■■■==========================■■■■
□編集・発行
  編集長:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課長
                                              伊 東  陽 子
  発 行:
  (独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課
         〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
               学術総合センター10F
            TEL 03-4212-6311・6312
    ご意見・ご要望は、編集担当にどうぞ
      E-mail mail-maz@zam.go.jp
    国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除
          http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm
■■■■======================