増刊号 平成22年07月16日


☆★☆★==========================☆★☆★
                増刊号 平成22年7月16日

              国立大 F&Mマガジン
          (F=Finance、M=Management)

        【(独)国立大学財務・経営センター メールマガジン】
☆★☆★==========================☆★☆★

 国立大 F&Mマガジン増刊号をお届けします。

 当センターでは、情報提供活動の一環として、各種事業イベントの案内、
研究レポート、文部科学省からの情報、各大学における経営実情レポート、
経営相談Q&A、財産管理・施設整備に関する情報などをタイムリーに提供
することを目的にメールマガジンを発刊しています。

 多くの方々にご覧いただけるよう、記事にも工夫を重ねてまいります。
 学内等の教職員の皆様に広くご紹介いただきますよう、よろしくお願いし
ます。

   ※このメールマガジンは等幅フォントでご覧ください。
      (なお、リンクが無効になる場合があります。)

  ※現在の配信希望  2,929件 (2010.7.16現在)


■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□特別寄稿
      政府交付金8%減額の影響 − 試算

         国立大学財務・経営センター 研究部長  金子 元久

 政府は「財政運営戦略」(平成22年6月22日閣議決定)において、平成23
年度からの3年間は「基礎的財政収支対象経費」については据え置きとし
た。社会保障費の伸びを勘案し、地方交付税、人件費等を据え置きとすれ
ば、政策的経費は1兆円、比率として8%の減額となる。このまま適用さ
れるとすれば、国立大学法人への交付金も8%の減額となることになる。

    ⇒▽本文はこちらから
        http://www.zam.go.jp/pdf/00000392.pdf
        (掲載内容に一部誤りがあったため、修正いたしました。)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■

□編集後記
 6月22日の閣議決定を踏まえて金子研究部長が行った、運営費交付金が
8%減額になった場合の試算について、寄稿があったので臨時増刊号として
皆様へ配信することにいたしました。

■■■■==========================■■■■
□編集・発行
  編集長:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課長
                                              伊 東  陽 子
  発 行:
  (独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課
         〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
               学術総合センター10F
            TEL 03-4212-6311・6312
    ご意見・ご要望は、編集担当にどうぞ
      E-mail mail-maz@zam.go.jp
    国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除
        http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm
■■■■==========================■■■■