第52号 平成22年09月17日


☆★☆★==========================☆★☆★
                第52号 平成22年 9月17日

             国立大 F&Mマガジン
          (F=Finance、M=Management)

        【(独)国立大学財務・経営センター メールマガジン】
☆★☆★==========================☆★☆★

 国立大 F&Mマガジン第52号をお届けします。

 当センターでは、情報提供活動の一環として、各種事業イベントの案内、
研究レポート、文部科学省からの情報、各大学における経営実情レポート、
経営相談Q&A、財産管理・施設整備に関する情報などをタイムリーに提供
することを目的にメールマガジンを発刊しています。

 多くの方々にご覧いただけるよう、記事にも工夫を重ねてまいります。
 学内等の教職員の皆様に広くご紹介いただきますよう、よろしくお願いし
ます。

   ※このメールマガジンは等幅フォントでご覧ください。
      (なお、リンクが無効になる場合があります。)

  ※現在の配信希望  2,944件 (2010.9.17現在)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
【センターよりお知らせ】
  日頃よりメールマガジン「国立大F&Mマガジン」をご愛読いただきあり
 がとうございます。
  下記日程により、当センターのサーバーメンテナンスを行います、その
 ため、本メールマガジンに掲載しておりますリンクにつきまして、期間中
 のアクセスはできませんので、ご了承願います。
  また、会議室予約システム、当センターホームページなども停止いたし
 ますので、ご了承ください。

   9月17日17:45 〜 9月21日12:00(終了予定)

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
【目 次】
  ・特別寄稿
   「岐路に立つ国立大学」    熊本大学長 谷口 功
 ・財産管理・施設整備に関する情報
 ・経営相談室情報
 ・経営相談室ホームページのご案内
 ・センター事業情報
 ・研究部より
 ・編集担当から
 ・編集後記

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□特別寄稿
           岐路に立つ国立大学
                       熊本大学長 谷口 功

 昨今の我が国の予算編成を巡って大学は大いに揺れている。低水準の税収
予測の中で、財政再建を実現するための施策として、各省庁10%減の予算
を基礎にとの政府のシーリング指示を受けての予算編成である。この深刻な
事態の中で、特に国立大学運営費交付金の取り扱いがどうなるのかと各大学
はやきもきしている。

    ⇒▽本文はこちらから
        http://www.zam.go.jp/pdf/00000397.pdf

□財産管理・施設整備に関する情報

 ◇研究協議会について
   先月のメルマガ(第51号)で「平成22年度国立大学法人等の財産
  管理に関する研究協議会(第2回)」のご案内をさせていただきました
  が、詳細が固まり、また議題に変更がありましたので再度お知らせしま
  す。すでに各国立大学法人等の関係者にはメールで開催案内を送付して
  おり、参加申込については9/13(月)締切りとしておりますが、これか
  ら参加を希望される方がいらっしゃいましたら施設助成課
  (aid@zam.go.jp)までご相談ください。

   (研究協議会開催案内)
         http://www.zam.go.jp/p00/pdf/20100910.pdf

   ※議題等は当日までに変更する場合がありますので、あらかじめご了
    承願います。
   ※なお、対象者として「国立大学法人等の財務・施設担当部(課)長・
    実務担当者など」としていますが、特に制限は設けておりませんの
    で幅広くご参加いただければ幸いです。

 ◇施設費貸付事業について
   すでに各国立大学法人等の関係者にはご案内しておりますが、今年度
  における施設費貸付事業の最終貸付日が決定しましたので、「平成22年
  度施設費貸付事業の最終貸付に係るスケジュールについて」(平成22年
  9月1日事務連絡)を掲載します。

   (最終貸付スケジュール)
         http://www.zam.go.jp/p00/p0000000.htm

 ◇財産処分等に関する協力・助言について
   当センターでは、今までに蓄積されたノウハウや弁護士、司法書士な
  どの専門家を活用することによって、国立大学法人等からの財産処分等
  に関する相談に対して、助言等を行っています。
   各国立大学法人等において財産管理・財産処分に関し課題等があれば、
  お気軽に下記宛先までお問い合わせ下さい(相談料は必要ありません)。
   案件に応じ、個別あるいは本メールマガジンにて回答させていただき
  ます。
   なお、今年度の相談件数は、平成22年9月17日現在で15件です。

   (過去に作成した事例集などはこちらから▼)
    ・法律相談事例集(平成18年1月)
         http://www.zam.go.jp/p00/pdf/801/00000004.pdf

    ・担保解説書(平成21年5月)
         http://www.zam.go.jp/p00/pdf/tanpokaisetsu.pdf


   ◇◇「財産管理・施設整備に関する情報」
                の掲載内容に関するお問い合わせ先◇◇
            施設助成課
             Tel 03-4212-6101,6120 Fax 03-4212-6600
              E-mail finance@zam.go.jp
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□経営相談室情報

_/_/経営相談室 事業案内_/_/

【財務経営】
 ◆第4回国立大学法人若手職員勉強会の実施に向けた検討をスタート
   「考えよう!自ら考え、行動し、貢献できる職員像」
    =11月29日(月)、30日(火)学術総合センターにて開催=

   今年度で4回目となる国立大学法人若手職員勉強会開催に向け、具体
  的な企画内容などを検討するため、企画委員会を立ち上げました。
   8月18日の第1回の企画委員会では、開催の目的、対象者、企画内
  容の構成などについて勉強会をより充実したものとするための活発な意
  見や提案がなされました。
   上記のとおり、サブタイトルを決定し、開催通知を各機関へご案内さ
  せていただいております。参加申込みをお待ちしております。

  今年度の企画委員は下記のメンバーです。
                (調査・相談員、センター職員を除く)

   秋田大学人事課主任(給与担当)           能登 竜一
   山形大学工学部事務ユニット研究支援チーム      中山 貴夫
   筑波大学人文社会科学等支援室総務係         落合 俊介
   一橋大学総務部総務課総務・秘書主担当        生田 文子
   岐阜大学医学部附属病院総務課教育研究支援係     高松 大地
   神戸大学大学院海事科学研究科会計係         白川 五老
   島根大学総務部総務課企画・法規・広報グループ主任  吉岡 誠治
   長崎大学経済学部学務係主任             沖田 夏樹
   鹿児島大学医歯学総合研究科等総務課予算係      西之園直記
   自然科学研究機構岡崎統合事務センター財務部財務課総務係
                             戸島 あい


 ◆第3回国立大学法人係長クラス勉強会について
   「ミドルリーダーに求められるもの」
    =10月28日(木)、29日(金)学術総合センターにて開催=
   今年は各国立大学法人等から総勢88名にご参加いただくこととなり
  ました。
   現在、より良い勉強会になるよう検討を重ねております。参加予定の
  皆様どうぞ楽しみにしていてください。



【病院経営】
 ◆第4回国立大学附属病院若手職員勉強会の参加申し込み受付中
   「企画したくなる力(りょく)アップで有言実行職員を目指せ!!
                〜私たちが創るこれからの大学病院〜」
    =11月18日(木)、19日(金)学術総合センターにて開催=

   上記のとおり、サブタイトルを決定し、開催通知を各大学病院へご案
  内させていただきました。企画委員一同、より充実した勉強会にするべ
  く企画検討を行っております。参加申込みをお待ちしております。


 ◆国立大学病院業務改善取組事例調査について
   8月11日付けで各大学病院事務部長あてにご依頼させていただきま
  したところ多くの事例をご推薦いただきありがとうございました。
   現在ご推薦いただきました事例につきまして、ワーキンググループの
  メンバーで抽出・整理作業を行っております。
   整理できた段階で、各大学病院へフィードバックさせていただくとと
  もに、特色ある取組については直接訪問させていただく予定となってお
  ります。
   ご協力をよろしくお願いします。

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□経営相談室ホームページのご案内

_/_/経営相談室 ホームページ_/_/
      http://www.zam.go.jp/s00/s0000000.htm
  経営相談事業の概要、活動状況等などをアップしています。
  また、以下のコンテンツがご利用いただけます。

 ◆国立大学法人財務・経営に関する取組事例について
   各国立大学法人より公表されている業務の実績に関する報告書から、
  当センター経営相談室財務経営支援研究会の調査・相談員が業務改善の
  参考となる事例を抽出したものです。
   なお、各年度の取組事例については事項別に並び替えを行っています。
     http://www.zam.go.jp/s00/s1200000.htm

 ◆大学訪問調査による「取組事例」について
   各国立大学法人において行われている業務改善の取り組みについて、
  報告書からの事例抽出および各国立大学法人等からの推薦を受け、財務
  経営支援研究会および病院経営支援研究会の調査・相談員が訪問調査を
  行いました。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000010.htm

 ◆財務経営支援研究会の活動について
   昨年度実施しました第3回国立大学若手職員勉強会の成果報告をはじ
  め、係長クラス勉強会の成果報告などを掲載しております。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000006.htm

 ◆病院経営支援研究会の活動について
   昨年度実施しました第3回国立大学附属病院若手職員勉強会の成果報
  告をはじめ、人事労務ワークショップなど各種ワークショップの成果報
  告なども掲載しております。
     http://www.zam.go.jp/s00/s0000007.htm

 ◆経営改善方策に係る事例及び事例募集
   経営相談室では財務・経営の改善に関し、広く情報を提供するため、
  経営改善、取り組みの事例を収集しております。
   ご紹介いただける事例がございましたら、ご提供をよろしくお願いい
  たします。
     http://www.zam.go.jp/m00/m0000100.htm
   現在、国立大学法人財務管理等に関する協議会等で発表された16件
  の事例を紹介しています。

 ◆経営相談フォーム
   また、経営相談室では、経営相談に係る質問も受け付けております。
  各研究会等で検討の上、回答をさせていただきます。
     http://www.zam.go.jp/l00/l0000000.htm

       ◇◇経営相談事業に関する問い合わせ先◇◇
         経営相談室
         E-mail management@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□センター事業情報

 ◆財務レポート&環境報告書ポータルサイトについて
  当センターのホームページに財務レポート及び環境報告書についてのポ
 ータルサイトをオープンしています。
  全大学のデータの更新いたしております。是非ご活用ください。
        http://www.zam.go.jp/s00/rp000001.htm

 ◆学術総合センター講堂・会議室について

 ☆お知らせ☆
  学術総合センター講堂・会議室のご利用について

  平素より当センターの学術総合センター講堂・会議室をご利用いただき
 まして、誠にありがとうございます。
  かねてよりセンターが行ってまいりました学術総合センター講堂・会議
 室の管理運営業務につきましては、政府の行政刷新会議の「事業仕分け」
 ワーキンググループにおいて当センターとしての「事業の廃止」とされま
 したが、今後の管理運営につきましては、関係機関で鋭意検討してまいり
 ます。
  なお、利用者の皆様方には、今後もご利用いただけるようにしてまいり
 ますので、引き続き、よろしくお願い申し上げます。


 ☆予約のご案内☆
  当センターでは学術総合センターの会議室の管理運営を行っております。
  学術・高等教育に関する会議、学会、講演会、研修会などの開催にご利
 用いただけます。パソコン、プロジェクター、同時通訳機器などの付帯設
 備等についても無料で使用できます。
  会議室の各部屋はスクール形式、円卓形式など用途に応じた使用が可能
 です。
  9月や10月につきましてもまだ空室がございます。急なご利用にもで
 きるかぎり対応させていただきますので、ぜひご利用ください。
  なお、予約につきましては会議予約システムを利用したWeb上からの
 み承っております。
  あらかじめ利用者登録を行っていただき、発行された利用者番号及びパ
 スワードで予約を行ってください。
  当センターHPのトップページ「共用会議室予約システム(予約状況)」
 ボタンをクリックして予約画面にお進みください。
   HPトップページ  http://www.zam.go.jp/

 ☆空室状況の確認方法について☆
  講堂・会議室のリアルタイムの空室状況については、下記の手順で確認
  することができます。
   1)センタートップページ左欄メニュー「共用会議室予約システム
     (予約状況)」ボタンをクリック。
   2)「共用会議室予約システム⇒」ボタンをクリック。
   3)「ゲストログイン」ボタンから、ご利用したい会議室を選択して
     空室状況をご確認ください。

         ◇◇受付及び問い合わせ先◇◇
             経営支援課(会議室利用案内)
             TEL 03-4212-6321 FAX 03-4212-6300

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□研究部より

 ◆講演会のご案内 (申込受付中)

   国立大学財務・経営センター研究部では下記の研究会等を開催いたし
  ます。
   国立大学法人等の教職員でご興味のある方がおりましたら、ぜひご参
  加ください。

  (1)高等教育特別講演会
    1.テーマ:『テネシー州における高等教育政策の転換
                      とファンディングの改革』
    2.講師:ラス・デイトン(Russ Deaton)
          (テネシー州高等教育委員会財政分析ディレクター)
    3.日時:平成22年9月29日(水)15:00〜17:00
    4.会場:学術総合センター 1階 特別会議室101〜103 
            (〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2−1−2)
    5.申込期限:平成22年9月22日(水) 
    6.その他:逐次通訳あり


   参加を希望される方は、所属・連絡先・氏名を明記の上、下記までご
  連絡ください。
   定員になり次第締め切らせていただきます。


 ◆国際シンポジウムのご案内

   国立大学財務・経営センター研究部では下記国際シンポジウムを開催
  いたします。
   国立大学法人等の教職員でご興味のある方がおりましたら、下記問い
  合わせ先までご連絡ください。
   ご希望者につきましては、詳細が確定次第、ご案内させていただきま
  す。

  (1)国際シンポジウム(2日間)
    1.テーマ:『大学の活力を育てる
                −大学支援機関の役割と課題−』(仮称)
    2.講師:海外講師 5名程度
         国内講師10名程度
    3.日時:平成22年11月2日(火)、3日(水)
    4.会場:学術総合センター 2階 中会議場1〜4 
           (〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2−1−2)
    5.そ の 他:定員150名程度、同時通訳あり


          ◇◇本件に関するお問い合わせ先◇◇
            国立大学財務・経営センター経営支援課企画係
              Tel 03-4212-6310  Fax 03-4212-6600
              E-mail jigyou1@zam.go.jp

■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□編集担当から

 ◇国立大F&Mマガジンへの投稿について
   各大学の事例紹介や読者のみなさまからの投稿を受け付けています。
   具体的な手続き等については、編集担当(mail-maz@zam.go.jp また
  は03-4212-6312)までお問い合せください。

 ◇国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除について
   配信登録や登録解除はWeb上で受け付けております。バックナンバ
  ーも掲載しております。
      http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm

  ※過去に登録されたみなさまへ
    空メールで登録いただいている方は自動的に新システムに移行(登
   録)しておりますが、登録解除を希望される場合は、下記アドレスま
   でお手数ですがメールをお願いします。
             mail-maz@zam.go.jp
                           (経営支援課)
■◇――――――――――――――――――――――――――――――◇■
□編集後記

 9月も半ばとなり、ようやく暑さの峠を越え、秋らしくなってきました。
夏の疲れが出る時期です。どうぞご自愛ください。

 キャンパスでは、学生が戻り、活気を取り戻し始めたのではないでしょう
か。

 メールマガジン第52号をお届けします。

 今月は熊本大学の谷口学長に寄稿いただきました。
 「我が国の将来を確固たるものにするためにも、また、それに対する国民
の皆様の期待に応えるため」としての熱い想いが語られています。
 谷口先生、お忙しいところどうもありがとうございました。

 秋のシーズンは研究協議会や外国から研究者をお迎えする講演会やシンポ
ジウム、各種勉強会など、国立大学法人等の関係者が一同に集まる行事が目
白押しです。
 参加するだけでなく、是非横のつながりも深めていただければ幸いです。

 国立大F&Mマガジンは皆様方の寄稿とご協力により配信されています。
 今後とも皆様方のお役に立てる情報提供を円滑に進められるよう、努めて
まいります。

 どうぞよろしくお願いいたします。(Y.I )

■■■■==========================■■■■
□編集・発行
  編集長:(独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課長
                                              伊 東  陽 子
  発 行:
  (独)国立大学財務・経営センター総務部経営支援課
         〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
               学術総合センター10F
            TEL 03-4212-6311・6312
    ご意見・ご要望は、編集担当にどうぞ
      E-mail mail-maz@zam.go.jp
    国立大F&Mマガジンの新規登録・登録解除
        http://www.zam.go.jp/q00/q0000000.htm
■■■■==========================■■■■