独立行政法人 国立大学財務・経営センターCenter for National University Finance and Management
ACCESSCONTACT
トップページ 理事長挨拶 設置の趣旨・目的 沿革 組織・運営
事業の概要 中期目標・中期計画 根拠法令等 情報公開 所在地
投資家の皆様へ
共用会議室予約
システム(予約状況)
出版物情報 経営相談室 国立大F&Mマガジン

医事ワークショップ(平成22年2月18日、19日開催)

【ワークショップ概要】
 平成22年2月18日(木)、19日(金)の2日間、学術総合センターにおいて、2回目の「医事ワークショップ」が開催され、43病院から83名の参加がありました。
 このワークショップは企画・構成から当日の運営も含め、国立大学附属病院の医事担当の現職7名の企画委員と病院経営支援研究会の調査・相談員からなる企画委員会で3か月かけてその内容を準備してきました。
 今回のワークショップでは、初日に正木義博・社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院院長補佐による基調講演が行われた後、参加者の希望する担当業務ごとに8つのグループに分かれワークショップが行われました。
 2日目は「大学病院の将来像〜私が病院のためにできること〜」と題し、担当業務を超えた8つのグループでのワークショップに加え、発表と全体討議が行われました。
 その中で発表された「病院愛宣言」が、ワークショップ参加者一同の宣言とされ、最後に全員で復唱が行われました。
 また、昨年同様、病院関係帳票類として外来診療案内や初診申込書、紹介状など各病院に共通する帳票類の展示が行われ、各病院ごとの違いなどについて参加者は熱心に見比べていました。

「病院愛宣言」
私たちは患者さんのために、病院を愛することを誓います。

一. 私たちは、ゴミが落ちていたら拾います。
一. 私たちは、積極的に患者さんに声をかけます。
一. 私たちは、患者さんの声に耳を傾けます。
一. 私たちは、患者さんの視点にたって、職務を遂行します。

  平成22年2月19日 医事ワークショップ参加者一同

【企画委員、調査・相談員名簿】

【医事ワークショップ日程表】

【各班のワークショップ@レポート】
 ・ @−a(診療報酬(入院))     ・ @−b(診療報酬(外来))     ・ @−c−1(診療報酬(DPC))
 ・ @−c−2(診療報酬(DPC))     ・ A収入・債権     ・ B医事法規
 ・ C診療情報     ・ D地域連携

【各班のワークショップA発表資料】
 ・ A班          ・ B班          ・ C班          ・ D班
 ・ E班          ・ F班          ・ G班          ・ H班



<< 前のページへ戻る | ▲ このページのトップへ